目の疲れの改善方法|現代人が共通する悩み事を解決

男性たち

体質改善と生活改善が必要

婦人

女性の冷え症は筋肉が少ないことや貧血症や女性ホルモンの影響などですが、男性は特に高齢者において生活習慣病などが関わっていることがあります。冷え症を改善するためには食事が重要で寒い地方の人が食べる物や、寒い時期に収穫される食品を摂ると良いでしょう。

もっと読む

女性は避けて通れない

中年女性

更年期障害には様々な症状があるため、とても悩ましいものです。生活習慣を見直したり、カルシウムや大豆を取り入れるといった栄養不足の解消も大事です。しかし重い症状が続くようであるなら薬を利用するのがお勧めです。漢方薬をメインに取り入れることで、かなり身体を楽にすることができます。

もっと読む

生きて腸に届ける

ウーマン

生きたまま腸に届けることで高い効果を出す乳酸菌サプリメントは、食後に服用した方が良いです。食べたもので胃酸が薄まるからです。生きて届けば、腸内で乳酸菌が活動して様々なメリットを得られることができます。

もっと読む

長時間使用しない

女の人

一定の時間の休息を

近年、スマートフォンやパソコンの普及により目の疲れを訴える人が多くなりました。子どもであっても、携帯ゲーム機の使用やDVDやテレビ視聴による視力低下が叫ばれています。仕事柄パソコンを使わなければならない人は慢性的な目の疲れを持っています。またスマートフォンを四六時中手放せないと言う中毒のような人も急増しており、日本人の眼精疲労や視力低下が増加傾向にあります。パソコンやスマートフォンで目の疲れを感じるのは、ディスプレイから発せられる光やブルーライトと呼ばれるものから来ています。パソコン用メガネなどを使用することで目の疲れを軽減する効果があります。スマートフォンやタブレットは特にブルーライトが強く目が疲れやすくなります。

ひどくなると肩こりも

スマートフォンや携帯ゲーム機のような小さい画面を凝視していることで、眼球の動きがせばまります。視神経が固まったようになり、目の疲れを引き起こします。こういった電子機器を頻繁に使う人は、長時間の連続使用を避けましょう。仕事でどうしても使うという人は、一時間に一回程度休憩をはさみ、5分ほど目を休ませるだけでも目の疲れを軽減することができます。目の疲れがひどくなると眼精疲労となり、目の疲れだけではなく頭痛や偏頭痛・肩こり・腰痛・嘔吐などさまざまな症状を引き起こします。質の良い睡眠を摂るなどして目を休めるとともに、目を温めたり、ゆっくりと入浴し血行を良くすることも大切です。また、目にいいというブルーベリーやアントシアニンを含むサプリを試すのも効果があります。サプリであれば入手も楽で比較的続けやすいので、継続して利用することが容易です。また医薬品とは異なり副作用が出ることはほとんどありませんが、それでも万が一体に悪影響が出た場合は、医療機関にかかりましょう。